メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

GISエンジニア

私たちは事業家集団です。
テクノロジーを社会実装させ、イノベーションを連続的に起こすことをビジョンに掲げます。
このビジョンは100年経過しても変わりません。

特にリアルエステートアセット領域のイノベーションをミッションとします。リアルエステートアセット領域の中でも特にディベロッパー領域(リアルエステートアセット開発領域)の刷新に挑戦しています。

■大型M&Aを経験したシリアルアントレプレナーによる起業
連続起業家。2012年にはイタンジを創業し、2018年にGAテクノロジーズ(マザーズ3491)に売却。国内不動産テック業界の大型成功事例といわれるM&Aを経験しました。今回集大成ともいえる起業が自身4社目となるトグルホールディングスです。
今回の起業は、数多くの失敗と成功体験によって裏付けられた、説得力の高い成功確率だと自負しています。私たちはユニコーン企業へと成長する蓋然性が極めて高いベンチャー企業です。
(一般的なベンチャー企業の5年生存率は15%程度といわれている)

■ユニコーン企業を狙える巨大市場(不動産業売上46兆※財務総合政策研究所2018年)
私たちが挑戦する市場はリアルエステートアセット業界です。とりわけリアルエステートアセット業界の価値連鎖(バリューチェーン)のなかでも川上にあたるディベロッパー領域に挑みます。
ディベロッパー領域の日系最大手は三井不動産です。他にも数多くのクラシカルなディベロッパーがしのぎを削っています。リアルエステート市場の本丸に私たちはテクノロジーを武器にユニークな切り口で突破口をひらきポジションを確立します。

業務内容

地理空間情報(GIS)を用いた用地取得営業支援システム「MINE MAP」の開発をご担当いただきます。

・(データベース構築)土地情報をメインとした様々な地理空間データを用いて、メタデータ算出のためのアルゴリズム実装や機械学習モデル実装をしていただきます。
・(アプリケーション開発)Web上で構築したデータベースをCRUDできるアプリケーションの実装をしていただきます。
・(不動産開発業のドメイン知識インプット)不動産開発業で必要となる建築基準法や宅建業法、行政の条例などを学んでいただきます。

■技術スタックの魅力
2022年度から高等教育の必履修科目となる地理総合では、その軸の一つにGISの活用が明確に位置づけられています。
この決定より、GISは今後のトレンドかつスタンダードとなる技術として国が認識していることが伺えます。
弊社ではその技術をいち早く取り入れ、事業に活かすシステム開発を既に進行しています。

■具体的な仕事内容
【フロントエンド】
・アーキテクチャ設計
・状態管理設計
・コーディング
・単体テスト
【バックエンド】
・アーキテクチャ設計
・データベース設計
・API設計
・コーディング
・単体テスト
・結合テスト

必須条件

・動的なWebアプリケーションの開発経験(言語・フレームワークは不問)
・Pythonを用いた開発経験
・React.js, Vue.jsといったSPAフレームワークを用いた開発経験(フレームワークは不問)
・RDBを用いた開発経験(製品は不問)
・gitを用いたチーム開発経験

歓迎条件

・GISに対する興味関心
・React.jsを用いたフロントエンド開発経験
・Next.jsを用いたフロントエンド開発経験
・Djangoを用いたバックエンド開発経験
・GeoDjangoを用いたバックエンド開発経験
・QGISなどのGISソフトウェアの使用経験
・AWSリソースを用いたインフラ構築経験
・Dockerを用いた開発経験
・CI/CDの構築経験
・不動産業のドメイン知識

利用ツール

・言語:HTML , CSS , TypeScript, JavaScript, Python
・フレームワーク:React.js , Next.js, Node.js, Django, GeoDjango
・データベース:PostgreSQL, PostGIS
・ソースコード管理:GitHub
・コミュニケーションツール:Slack
・タスク管理:Jira
・ドキュメント管理:Confluence
・インフラ環境:AWS (CloudFormation) , EKS, RDS, Docker

勤務形態

  • 正社員
  • パート、アルバイト
  • 契約社員
  • 一時的な雇用
  • インターンシップ
  • ボランティア
  • 日雇い
  • その他

給与

年収400万円〜

勤務地

リモート勤務

求めている人材

・私たちのビジョン・ミッション・バリューに共感できる方
・自立駆動的に業務を推進できる方
・リーダーシップを発揮し事業を推進できる方
・前向きな気持ちで業務に取り組んでくれる方
・自ら立場を勝ち取る気概のある方
・なぜ、という問いを深堀し自分なりの考えを構築して、人と共有することができる方